ホットヨーグルトで乳酸菌を元気に!トッピングは便秘解消の味方

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は体内の善玉菌を増やす役割をしてくれる為、腸内環境を改善するのに必要な存在です。腸内環境改善は便秘解消にも繋がるのでヨーグルトは便秘解消に効果があると言われています。今回はそのヨーグルトの効果を最大限高めるオススメの食べ方を紹介します。

ヨーグルトは温めて食べた方が効果を得やすい

ヨーグルトは腸内環境を整える為に効果的な食べ物ですが冷蔵庫に入れてある状態のまま食べると腸が冷えてしまう恐れがあります。そうすると便秘解消の効果も鈍くなってしまうのでホットヨーグルトにして食べる事をオススメします。ヨーグルトに入っている乳酸菌は温度40度位になると活発に動き出しますし、更にカルシウム等の栄養素は温めたほうが吸収率が上がるので、体内を健康に保つ為にもホットヨーグルトのほうが効果的と言えます。そのホットヨーグルトの作り方は至ってシンプルでプレーンヨーグルトと大さじ1杯の水をお皿に入れ600wで約1分加熱するだけなので忙しい時でも簡単に作れます。しかし熱いと感じる程加熱してしまうと乳酸菌が死滅してしまう為注意が必要です。

便秘解消の手助けになるヨーグルトのトッピング

ヨーグルトだけでも便秘解消の効果は期待できますがトッピングにより更にその効果を高める事が出来ます。ホットヨーグルトを食べる場合は通常よりも酸味を強く感じてしまう場合があるのでオリゴ糖等をトッピングとして使うと食べやすくもなります。ヨーグルトに入っている乳酸菌が生きた状態で腸まで届くのはごく僅かと言われていますが、オリゴ糖は腸まで届いた乳酸菌を増やす手助けをしてくれるので乳酸菌の働きを最大限に高める事が可能です。他には食物繊維が豊富なきな粉やプルーン、ドライフルーツ等もトッピングとしてオススメ出来ます。こういったものを日替わりで変えていくと飽きにくく、継続的にヨーグルトを摂取しやすくなります。

ホットヨーグルトと自分に合うトッピングを見つけて便秘解消へ

このようにヨーグルトの食べ方を少し工夫するだけで便秘解消の効果を高める事ができます。人により体に合う合わないがありますし、腸内環境の状態により効果も若干変わってくるので色々な組み合わせを試し自分に合ったものを見つけ続けていく事が重要となります。